韓国高速鉄道 定時運行率は世界最高

勧告企画財政部は6月11日、教授、会計士、経営者ら民間の専門家からなる経営評価団に依頼した「2011年度公企業グローバル競争力評価」で、コレール(韓国鉄道公社)の高速鉄道(KTX)の定時運行率が99.8%を記録したと明らかにしました。

国際鉄道連合(UIC)が定時運行率を発表する6カ国・地域のうち、韓国は台湾(99.2%)、チェコ(94.2%)、イタリア(90.8%)、フィンランド(81.7%)、フランス(78.2%)を抜いて1位を記録しました。終着駅への到着予定時刻より15分以内の遅れは定時運行とみなされます。

昨年のKTXの事故率(100万キロ当たりの事故件数)は0.070件で、UICが鉄道事故率を発表する12カ国のうち最も低かったのです。イタリアは0.073件、ドイツは0.137件、フランスは0.165件、日本は0.178件でした。

網野式フランス語
田中洋平パソコン教室

「24時間テレビ」マラソンランナー,、佐々木健介・北斗晶一家に

プロレスラーの佐々木健介さん、北斗晶さん一家4人が、「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(日本テレビ系、8月25、26日放送)のチャリティーマラソンのランナーを務めることが6月2日、バラエティー番組「嵐にしやがれ」で発表されました。4人は史上初のリレー形式でゴールの日本武道館を目指します。

佐々木さん一家は、妻北斗さんと、長男健之介さん(13)と次男誠之介君(9)でマラソンに挑戦します。誠之介君は史上最年少のランナーとなります。

佐々木さんは「人間一人ではない、家族で力を合わせて成し遂げたいという思いで家族でやろうと思った」と話し、北斗さんは「家族を見直すことがなかなかない。家族がいるから頑張れる。家族から家族へ未来へつなぐことをみなさんに伝えたい」と決意を語りました。

韓国語マラソン プロレス暗夜行路