震災の影響で消費者心理が2カ月連続で最大の下落幅

内閣府が5月16日発表した4月の消費動向調査によると、今後半年間の暮らし向きなどについて消費者の見方を示す消費者態度指数(一般世帯、季節調整値)が前月比5・5ポイント低下の33・1となり、3カ月連続で前月を下回りました。

3月は東日本大震災の影響で過去最大の下落幅(2.6ポイント)を記録しましたが、、さらに大幅な落ち込みとなったのです。震災の影響が消費者心理に色濃く残ることが改めて鮮明になりましたね。。

消費者心理の基調判断は「悪化している」として、こちらも2カ月連続で下方修正しました。

指数を構成する「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」の4指標も、そろって低下です。なかでも雇用環境は一気に9・4ポイント悪化しており、「震災の影響が強く出ています。
内閣府は、「特に雇用面で、新規求人の低下などが響いた」とみています。

それはそうですよね。明るい展望があるはずはありません。

Sponsored Link
月刊 アパートローン最前線(初月無料)