寝て起きたらセフレがいます!?!

この間、友達と横浜にある
ラーメン屋に行ってきました!

味はまあ普通でしたね♪

その後、二人で居酒屋に行き恋愛
テクニックの話しで色々と盛り上がり
ました!

あっ

そうそう、最近気になるマニュアルを
見つけたんです!

それは、セールスページを見た感じだと
ものすごい内容ですのでとりあえず
購入してみました!

内容がどんなものかを実践検証してこの
メルマガで紹介していきますね。

さて、本題に入りましょう♪

■mixiを使って出会う方法とは?
=======================================================

女性と出会うのに一番手軽な方法とは
一体何かわかりますか?

・ストリートナンパ

・クラブでナンパ

・パーティーでナンパ

・お見合いパーティー

これらは女性と接点を持つためには
非常に一般的です。

しかし、欠点としては声をかける
リスクがあることです。

では、直接女性に声を掛けずに口説く
方法はないのでしょうか?

それがSNS系で女性に出会う方法なのです。

SNSといえば、mixi、GREE、モバゲーが
代表的です。

特にmixiやGREEで女性に出会ったという
話を聞いたことはあるのでは
ありませんか?

実際、最近は出会いの場所としてトップ3以内は
常にSNSが入っているぐらいです。

そう考えるとSNSは手軽に会えるいい場所ですよね♪

では、どうしたらSNSで女性に出会えることが
できるのでしょうか?

SNSで出会う方法は2つあります。

1SNS内にいる女性とコンタクトをとり出会う

2SNS内で開催されているオフ会、パーティーに参加する

この2つです。

1番はやり方をしっかりとマスターすることが
会話テクニック無しで出会うことができます。

それに対し、2のオフ会、パーティーの場合は、
初対面で会うよりも、

ある程度は親密ではありますが、多少の会話
テクニックが必要です。

ですので、やはりマスターして後々楽なのは
1番なのです。

もちろん、会話やトークができるのであれば
2も利用するといいでしょう。

けれども、やはり、一番手軽な方法は、
1番なのです。

では、1番は具体的にどうやって女性と
出会えばいいのでしょうか?

それがメッセージとプロフィールを
上手く使うことなのです。

相手が思わず興味を持つようなプロフィール
を書いて、

相手が読んでくれるメッセージを送れば
まず返信が来ないということはありません!

たとえば、プロフィールを書くコツとしては、
女性がどんな趣味、生活をしているのかを
調べ、

それについて書いておく。

メッセージを送るときはあくまでも初対面
の女性と会話すると同じ事ですので、

低姿勢で紳士的な文章にしましょう。

SNSの場合は、実際に会うときが第一印象
ではなく、

相手がファーストメッセージを読んだとき
が第一印象になるわけです。

そのため、丁寧な文章を送るわけです。

ただ、いくら丁寧とは言え、あまりにも
固い文章だと、

相手も絡みにくくなってしまいます。
そこで、タメ愚痴ではなく丁寧語だけど
フランクな感じにするのです。

悪い例 もしよろしければメッセージからお願いいたします。

良い例 もしよかったらメッセからでも仲良くしてくださーい♪

良い例を見てもわかるかと思いますが、
タメ愚痴ではないけどフランクな感じが
しますよね。

こんな感じにするのです!

■最後に
=======================================================

どうでした?

今回のメールではSNSの出会いについて
簡単にお話ししました!

SNSの出会いってやり方次第ではものすごく
手軽にできてしまいます。

あ、

そうそう、

メルマガの冒頭でもお伝えしたように
私は最近すごいマニュアルを購入したんです!

ただ、内容がまだどんなものかわからないですけどね。

それについては、今後このメルマガで実況して
行きますので(笑)

ただ、それはSNS系のセフレ量産方法で、
キャッチフレーズに

寝て起きたらセフレがいます!?

となっているのです!

普通に考えるとあり得ないことですので
もしこれが実現したらものすごいことです。

まあ、詳しくは今後のメルマガでお伝え
していきますので、

楽しみにしていてくださいね♪

寝フレ 最終進化版~Fast Evolution~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>