簡単に女にもてる方法

2011年11月3日

好きな女性を「2回のデート」で落とす方法(2011年版) -感想-

Filed under: 未分類 — admin @ 2:31 PM
無料レポート、まず見てください → デート教材のサンプルレポート

ここまでわかりやすくステップ分けされ
具体的に説明されているマニュアルは初めてです!

名倉広則さん(30歳) 会社員(システムエンジニア)

ここまでわかりやすくアプローチ方法がステップ分けされていて、
具体的に説明されているマニュアルは、初めてかもしれません。

恋愛の経験がほとんど無い男にとって、
このマニュアルは強い味方になるはずです。

男の価値を下げないための教えも含まれていて
これは良い内容が含まれているなと思いました。

実際、自分の過去を振り返ってみて、自分自身の価値を
下げるような行為を、いかに多くしてきてしまったかと
痛感することがあります。

モテない男というのは本当にこれをやってしまっていますよね。

会話内容・デートスポット・デートの適切な時間帯と
会う時間などなどとても具体的に書かれていて良かったです。

特に「デートの時間は●時間前後」がベストという内容。
今まで生きてきてこんなこと意識すらしてませんでした(笑)

------------------------------------------------------

■次のデートでどうすればいいのか
はっきりわかりました!

竜崎さん(24歳) 会社員(システムエンジニア)

私が日高さんの教材を読もうと思ったキッカケは
ある女性とのデートがうまくいかなかったからです。

その女性とは3度ほどデートしたのですが
一向に仲が進展しない上、回数を経る毎に
最初は良かった雰囲気も、グダグダになっていきました。

そんな訳で日高さんの教材を読んだのですが

なるほどなるほど、どうしていい雰囲気になったのか
どうしてグダグダになって行ったのか
どうして進展しなかったのかが手に取るようにわかりました(笑)

■いい雰囲気になった訳
「3ステップ会話法」のステップ1と2の会話を
することができていた。

■仲が進展しなかった訳
会話法のステップ3ができていなかった。
何故か●●●をする事さえ避けていました・・・。
●●●のないスキンシップをしていた。

・・・なんかもう駄目駄目ですね(笑)
整理してみると何故メキメキ好意が
減っていったのかが分かります。

同時に、今まで何でいい雰囲気になったのかも
はっきり分かって勉強になりました。

彼女にするまでのステップが分かって
次から自信を持って臨めそうです。

------------------------------------------------------

■1回目から2回目のデートのつなぎが
できるようになりました!

トモヤさん(22歳) 大学生

とても勉強になる、優良な教材であると思います。

ここまで「デート」というものに特化した教材は
今まで見たことがなかったため、興味深く
拝見させていただきました。

ただ単純にノウハウが書いてあるのではなく、
心構えの部分から丁寧に書かれていたため、
モチベーションを下げずに行動することができました。

また、ノウハウに関しても、会話・デートスポット
スキンシップ等、章ごとに詳しくまとめてあるので
大変参考になりました。

とくに、私は1回目のデートから2回目のデートのつなぎが
苦手でしたが、第6章と第7章の内容を読み込むことで
その悩みが解消しました。

今後も教材を繰り返し読み返しつつ行動していくことで、
本物のモテる男になっていきたいと思います。
どうもありがとうございました。

------------------------------------------------------

■会話の具体的な例文がいつくもあって
非常によかったです!

中村次郎さん(39歳) 会社員

今まで1回は会えるのですが、2回目会えずに
悔しい思いをしてきました。

まず教材の11ぺーじの内容にドキッとしました。
何種類もの恋愛教材を買ってたので知識は
人一倍あるつもりでしたが

頭ばかりで●●が不足していることに気づきました。

僕が一番役に立ったのは、第2章の女性との
具体的な会話方法です。

会話が苦手で何を話していいかわからず困っていたので
この3ステップ会話法、具体的な例文が
いくつもあって非常に参考になりました。

------------------------------------------------------

■褒めることばかり重要視していた私は
正直はっとさせられました!

小川信也さん(30歳) 会社員

参りました。第一章から新しい気付きの連続でした。
会話の取っ掛かりで褒める事を重要視していた私には、
20ページの赤字の部分には、正直はっとさせられました。

要所要所のコラムも大変ためになりました。
173ページからの最低限のマナーは「最大限」に大切ですね。

「●●」よりも「●●」の方が100倍重要なのである。
日高さんのこの言葉を自分の物にしてみせます。

待ってろよ未来の彼女!

 

■好きな女性を「2回のデート」で落とす方法(2011年版)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Powered by WordPress